引越業者が答える「引っ越しQ&A」

引っ越しQ&A〜よくある質問コーナー

 

私のこれまでの10年以上の引越業者での勤務経験をもとに
率直にお答えしています。
ぜひご参考にしていただき
不安や疑問を解消していただければと思います。

 

Q.関西に引っ越しをするんだけど、家電製品はそのまま使えるの?

 

A.今の時代、冷蔵庫、洗濯機、テレビなど一般の家電製品は関西でも関東でも使えます。心配いりません。

 

日本列島の交流電源の周波数は、静岡県の富士川と新潟県の糸魚川を境にして、東側は50hz、西側は60hzとなっています。

 

そのため、昔は札幌から大阪など、この境を越えて引っ越しをする場合、家電製品によってはそのままでは使えないものもありました。

 

今、一般的な家電製品は関西でも関東でも使用できます。

 

 

Q.心付け(チップ)は渡した方がいいの?

 

A.渡しても渡さなくてもどちらでもいいです。

 

心付け(チップ)って本当に難しいですよね。海外のようにチップを渡すのが当たり前ということになっていれば迷う必要がないので良いのですが、「気持ちだから、渡しても渡さなくてもいい」と言われると困ってしまいますよね。

 

私も温泉旅館に泊まったりする時には、仲居さんに心付けを渡すべきかどうかよく悩みます。で、本題の引っ越しの作業スタッフへの心付けですが、これについても「渡しても渡さなくてもどちらでもいい」というのが本当のところです。

 

心付けを渡さないと手を抜かれるのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

引っ越し作業は(特に繁忙期は)忙しくて時間との戦いなので、心付けのことを考えている余裕など正直ありません。

 

もちろん心付けをいただけば嬉しいですが、それによって作業の質が変わることはありませんのでご安心ください。

 

昔に比べると、心づけは随分と少なくなりました(笑)

 

Q.引越業者のトラックに荷物と一緒に同乗させてもらえるの?

 

A.引越業者のトラックに同乗して、引っ越し先に移動することはできません。

 

引っ越しの際に、荷物と一緒に自分もトラックに同乗して転居先まで運んでほしいと思う方は多いのではないでしょうか?

 

私自身これまで何度となくお客様からそのような要望を受けたことがありますが、お客様を引っ越しのトラックに同乗させて移動することはできません。

 

引越業者は法律上「貨物自動車運送事業者」と言って、バスやタクシーなど「一般旅客自動車運送事業者」のように作業員以外の乗客を乗せることができないのです。

 

ですので、引越業者としては何も意地悪しているのではなく、「乗せてあげたいのはヤマヤマですが、法律上禁止されているのでできない」ということで、ご理解いただけると幸いです。

 

Q.引っ越しをキャンセルした場合、キャンセル料がかかるの?

 

A.前日で10%、当日で20%のキャンセル料がかかります。

 

自分の都合により引っ越しをキャンセル(解約)する場合、キャンセル料金が発生することがありますので注意が必要です。

 

引っ越しのキャンセル料は標準引越運送約款により、「引っ越し前日のキャンセル:引っ越し料金の10%以内」「引っ越し当日のキャンセル:引っ越し料金の20%以内」と定められています。

 

したがって、引っ越し前々日までにキャンセルすれば、キャンセル料は発生しないことになります。

 

とはいえ、引越業者にとって引っ越しの前々日にキャンセルされてしまうと商売の機会を失うことになり、かなりの痛手となります。

 

キャンセルをせざるを得ない理由ができてしまった場合には、なるべく早めに業者するようにしましょう。

 

Q.雨や雪でも引っ越しは行うの?

 

A.普通の雨や雪ならば、引っ越しは予定通り行います。

 

雨や雪の日の引っ越しは、お客さんにとっても作業スタッフにとっても嬉しいものではありませんが、普通の雨や雪であれば引っ越しは予定通り行われます。

 

ただし、台風や大雪など交通に支障が出る恐れがある場合には、引っ越しが延期になることもあります。

 

もちろんその場合は、お客様の都合によるキャンセルではないのでキャンセル料が発生することはありません。

 

 

>>札幌のイベントによる交通規制に注意のページに進む