引っ越し料金を安くするコツ

引っ越し料金は、業者に見積もりを依頼する際に
ちょっと工夫することで安くできます。

 

引っ越し料金を安くするコツ〜安い見積もりを取る

 

引っ越し業者に安い見積もり金額を出してもらうコツ

 

繁忙期(3〜4月)に引っ越しをしない

 

引っ越しの料金は、年度の切り替わりで引っ越しの需要が増える
・3〜4月の繁忙期と、
・それ以外の通常期
で値段が大きく異なります。

 

 

この時期は引越し業者にとって年に一度の書き入れ時ですから
値引きに応じてくれる業者が無いのはもちろんのこと、
通常期の相場金額の4〜5割増し、
場合によっては倍以上の料金になることもあります。

 

 

ですので、引っ越しの時期を調整できる方は
3〜4月の繁忙期を避けて引っ越しすることをおすすめします。

 

 

また、3〜4月の繁忙期の繁忙期ほどではありませんが、
9月も会社の人事異動の時期で転勤する人が増えるため
引っ越し料金が高くなる傾向があります。

 

 

尚、それ以外の時期の引っ越し料金はほとんど変わりませんが、
1月、6月、7月は引っ越し料金が安くなる
という統計データがありますので狙い目かもしれません。

 

平日に引っ越しをする

 

ホテルや旅館など土日に料金が割高になるものは多いですが、
引っ越しも土日や祝日は平日に比べて需要が増えるため料金が高くなります。

 

 

なるべく安い料金で引っ越しをしたい人は土・日・祝日は避けて、平日に引っ越しをすると良いです。

 

 

とはいえ、引っ越しは前日までの準備に加え、
当日は体力的にも精神的にもヘトヘトに疲れますから
仕事など他に予定がある日に引っ越しをするのは
止めておいた方が良いと思います。

 

 

無理をして体調を崩してしまっては本末転倒ですから
普段は土日しか休めないのサラリーマンの方も
引っ越しくらいは平日に有給休暇を取って行うことをおすすめします。

 

 

尚、結婚式場の料金ほどではありませんが
引っ越しもやはり「縁起もの」ということで
大安や仏滅といった六曜を気にする人が多く、
料金に影響してくることがあります。

 

 

同じ平日でも料金に差がある場合には
そういった事情が絡んでいるケースもありますので、
少しでも安く引っ越しをしたい方は
六曜も併せてチェックしておくと良いでしょう。

 

 

フリー便を利用する

 

引っ越しは作業の開始時刻によっても料金が大きく変わってきます。

 

 

多くの引っ越し業者は、作業を開始する時間帯によって
「午前便」 「午後便」 「フリー便」
の3種類のサービスを提供しています。

 

午前便

 

「午前便」は、その日の朝一番に行われる引っ越し作業で、
業者が定刻(朝8時や9時など)に到着して、作業を開始します。

 

 

その日の一番目の引っ越し作業なので、前の作業に手間取って
業者の到着が遅れたりして開始時間がズレ込む心配がありません。

 

近距離の引っ越しであれば、
お昼過ぎには新居への搬入作業が終わってしまいます。
午後の時間帯に荷解きをするなど
一日の時間を有効に使うことができるというメリットがあります。

 

 

ただし、それゆえ午前便は人気が集中するので、
他の便に比べて料金が3〜4割程度割高になってしまいます。

 

午後便

 

「午後便」は、午前便の次に行われる引っ越し作業で
午後に業者が到着して作業を開始することが決まっているだけで
一般的には開始時刻の指定ができません。

 

 

と言っても、大抵は午後2〜3時頃には業者が到着して
夕方頃までに搬入作業が完了するケースがほとんどです。

 

また、大抵の業者は午前中の作業の進捗状況から
午後便の開始時刻の目安を事前に連絡してくれます。
時間が全く読めずに困ってしまうということはありません。

 

 

ですが、午前便に比べれば時間が読みづらく不便ですので
午後便は午前便よりも料金が安くなるというメリットがあります。

 

フリー便

 

「フリー便」は、引っ越しをする日だけが決まっていて
作業の開始時刻は業者の都合に合わせるというプランです。

 

 

開始時刻がいつになるかは、その日の業者の都合次第です。
一応、2日、3日前に大体何時くらいになるか業者から連絡があります。

 

前日に時間が確定します。前日に大幅に変わることがあるので、時間が読めないのが実情です。

 

引越し業者としてもお客さんのキャンセル、ルート変更があります。
それに付き合ってあげる代わりに料金を安くしてもらえるというプランです。

 

 

フリー便を利用する場合、
・夕方作業開始
・交通渋滞
・引っ越し作業が深夜にまで及ぶ

ことも考えられます。

 

その後から荷解きをするのは体力的に非常にキツいですし、
近隣の住人に迷惑をかけてしまう怖れもあります。

 

 

その分、通常フリー便は午前便に比べて3〜4割程度は安いです。
大体は当初の見積もりは高く見積もられています。
そこから50%の値引きがあっても不思議ではありません。

 

 

不用品は処分して荷物量を少なくする

 

引っ越しの料金は荷物の量が増えるほど高くなります。

 

荷物の量が多ければ、大きなトラックが必要になりますし、
それに応じて作業員の人数を増やさなければならないからです。

 

したがって、引っ越し料金を安くするには
不用品を処分して、できるだけ荷物を減らす
ことが大切です。
ましてや、札幌〜東京、大阪、福岡など長距離であればなおさらです。

 

 

不用品の処分の仕方は、比較的小さなモノであれば
引っ越し日までに小まめに一般のゴミとして出せば良いわけですが、
大きな家具や家電製品はそうはいきません。

 

 

引っ越し業者の中には、
大型の家具類や家電製品の処分を
有料のサービスとして行っているところもありますが、
そういった大モノの不用品は粗大ゴミとして自治体(市区町村)に
回収してもらった方が安く処分できます。

 

 

札幌市内の方であれば、札幌市の大型ごみ収集センターに
電話で申し込みをすれば、自宅の玄関前まで回収に来てくれます。
不用品・ごみは処分して、運ぶ物を減らしましょう。

 

不用品処分・回収は売るか時間を節約するかのページに進む

 

参考:札幌市ホームページ内の大型ごみのページ